FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年10月03日 (土) | Edit |
我拝師山 出釈迦寺(がはいしざん しゅっしゃかじ)
●本尊/釈迦如来
●真言/のうまく さんまんだ ぼだなん ばく

本堂

●宗派/真言宗御室派 ●開基/弘法大師

香川県善通寺市吉原町1091
七十二番札所から約0.5km歩くと約5分
駐車場10台(無料)参道横

曼荼羅寺を出て山道を5分ほど登ると
標高481mの我拝師山を背後にした出釈迦寺が見えてくる。
仏の道に進む事を決意した7歳の弘法大師が
我拝師山に登り「仏門に入って多くの人を救いたい。
この願いが叶うならば釈迦如来よ現れたまえ。
もし願いが叶わぬならば、一命を捨ててこの身を諸仏に捧げる」
と願をかけ、断崖絶壁に身を投げたところ
釈迦如来と天女に抱きとめられたという逸話が残っている。
大師は後に釈迦如来の像を刻み、本尊として安置
堂宇を立てて出釈迦寺としたという。

大師堂

ちょっと小ぶりで簡素だが、堂々とした風格を漂わせる楼門を
くぐるとこじんまりとした境内に、軒を連ねた本堂と大師堂がある。
右にあるのが大師堂。ここに安置されている大師像は
緋色の衣を身につけている。定期的に新調されているとか。



73番札所の納経
73番札所の納経

☆一口メモ/捨身ヶ嶽禅定
         我拝師山の頂上に立つ奥の院。
         境内から約」1.8km、歩いて40分の登り。
         さらに100m先に護摩壇と稚児大師像が立っている。
         そこが大師が身を投げた場所。
         下は谷底だが、讃岐平野から瀬戸内海まで
         見渡せる眺望が目前に広がる。

         奥の院遥拝所
         本堂左の石段を少し登ったところにあり、
         捨身ヶ嶽禅定に登れない人が参詣するところ。
         ここで念仏を唱えると捨身ヶ嶽禅定に登ったことと
         同じご利益が得られるそうな。

おへんろバッグ A4サイズおへんろバッグ A4サイズ
()
不明

商品詳細を見る
テーマ:国内旅行
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。